お小遣い情報や趣味の音楽&映画などを紹介していきます。

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブックマークに追加する

さぽ天ポケマNet

4月26日公開 映画『砂時計 』(試写会)観てきました。

原作の漫画は「Betsucomi」(小学館)において2003年5月号から2006年7月号まで連載された(本編は2005年11月号まで)。
2007年3月にTBS系「愛の劇場」枠(13:00~13:30、JST)にてドラマ化されました。

14歳の水瀬杏は、両親の離婚により、東京から母・美和子の実家である島根県に移る。当初は田舎独特の雰囲気と祖母の美佐代に馴染めないが、近所に住む同い年の大悟や藤、椎香と出会い、徐々に自分の居場所を見つけていく。そんな中、人生に疲れ果てた母が杏を残して自殺。杏は直前に自分が言った「頑張ろうね」という言葉が母の負担になったのではと、悲しみと後悔に暮れる。そんな杏を大吾は「おれが、ずっと一緒におっちゃるけん」と力強く抱きしめるのだった。
あれから12年。26歳になった杏は婚約者の佐倉と東京で暮らしていた。そして、同窓会に出席するため、数年ぶりにあの懐かしい街を訪れる。初恋の人・大悟が住む島根の街に……。
監督: 佐藤信介
出演: 松下奈緒、夏帆、井坂俊哉、池松壮亮、塚田健太、岡本杏理、伴杏里、戸田菜穂、風間トオル、藤村志保

「砂時計」はドラマ版見てたので、ちょっと重い作品だからどう描くのかなって思ってたけど、やっぱり重かったです。だけど人物の描き方や自然映像など素晴らしかったです。

漫画のほう読んでないんで機会があったら読んでみようと思ってます。

それに、ドラマ版の大人の大悟役が映画「未来予想図 (2007年)」福島慶太役の竹財 輝之助さんなんです。
今回の映画版の大人の杏役が松下奈緒さんなので映画「未来予想図 (2007年)」つながりだって、思いながら楽しんでました。

映画 『砂時計 』オフィシャルサイト

スポンサーサイト
ブックマークに追加する

さぽ天ポケマNet

コメント
この記事へのコメント
こんにちわ。
監督はありがとうございましたぁ^^
あのまま勘違いしたままにならず感謝です。
「砂時計」ちょびっつ重たい内容ですかー。。・゚・(つ∀`)・゚・なんですね。
重たいの大好物なんですけど、すぐ自分も感情移入してまうので
現実になかなか戻ってこれないかもですね^^
(o・・)//凸
2008/05/07(水) 22:44 | URL | まーくん #-[ 編集]
こんばんわ。
紫アスパラ、湯につくと緑色になるんですか~
見たことも聞いたこともなかったから
KOHATUMEさんのとこでお勉強になりました。^^
私の住んでるところにもあるのかな~?
あとで探してみますね。
応援~♪
2008/05/08(木) 00:19 | URL | えりひめ☆ #-[ 編集]
こんにちわ~
 こんにちわ~、ヒゲちゃびんです。

 砂時計はCMで頻繁にやっていて気になる作品です。

 結構思い作品なんですね。

 観てみたいですね。

 また、遊びに来ますね♪
2008/05/08(木) 11:12 | URL | ヒゲちゃびん #-[ 編集]
こんばんはー

これドラマでやってたとき見たかったんですけど、ワクがねー
さすがに昼ワクはきつくって断念!
でも映画ならかりてみようかな~(ってゆーか夜中とかやってくれないかな)

ではでは応援P!
2008/05/08(木) 22:55 | URL | ちどり屋 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kohatume.blog56.fc2.com/tb.php/355-1f355862
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。