お小遣い情報や趣味の音楽&映画などを紹介していきます。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブックマークに追加する

さぽ天ポケマNet

矯正歯科に関する「抜かずに治す歯並び」(歯学博士 岸本雅吉)の本を読んでみました。

一般的に行われている矯正治療の中には小臼歯などを抜いて歯並びを整えるという方法がとられている場合が多いそうです。

歯並びを綺麗にするには、小臼歯などを抜いて歯並びを整えるしかないと考えられていたようですが 健全な歯を抜かずに、綺麗な歯並びに治す事が出来る方法が『抜かずに治す歯並び』の中で紹介されています 。

実際に歯科矯正を受ける前の状態と 受けた後の状態写真など数多く掲載されています。

見た目の美しさだけではなく噛みあわせの大切さを考えた治療方法など、知りたいなと思う事が Q&Aも含めて詳しく書かれていました。

歯並びの綺麗な事と噛みあわせが良い事は違うそうです。

歯並びやかみ合わせが悪いと肩こり・目まい・頭痛・イライラ・集中力がなくなるなどのサインが体に現れてくる。このような症状は不定愁訴(明確な原因が分からず体に不調を訴える事)と呼ばれかみあわせを治すことにより治まる事もあるようです。

この本の著者歯学博士 岸本雅吉氏は、咬み合わせの矯正を第一に考えて実践しているので、できるだけ歯を抜かない方針で治療を実践されています。
抜くとしたら咬み合わせを悪くする原因と考えられる奥の歯(親知らず)などを抜歯して治療します。
治療に入る前には、歯だけでなく顎関節機能まで、しっかりと機能検査したうえで治療方針を決めてくれるそうです。

「抜かずに治す歯並び」には、人間にとっての咬み合わせの重要性を尊重し、全身の健康を維持しようとする概念がとてもわかりやすく書かれていました。

『抜かずに治す歯並び』はできるだけ多くの方々に読んでいただけるように、漢字に読みがながふってありますので歯科矯正を始める小学生高学年のお子様でも読みやすいと思います。

矯正歯科に興味のある方は、ぜひ手にとってみてください。

矯正歯科

ブログ広告
ブログ広告のブロコミモニターに参加しています

スポンサーサイト
ブックマークに追加する

さぽ天ポケマNet

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kohatume.blog56.fc2.com/tb.php/537-fa9fe422
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。